カテゴリ:黒人大衆芸能( 26 )
ブラック・エンターテインメントへの誘(いざな)い Vol.24

私が史上最高のエンターテイナーとして崇拝しているのが
黒人ジャズシンガーの「Cab Calloway/キャブ・キャロウェイ」です。
(1907.12.25~1994.11.18)



"Kicking The Gong Around"
(1932年:25歳のキャブ・キャロウェイ)

この独特のダンスと歌、カッチョエエエ~~~ッ。
歌って踊る先駆者であり
あの「マイケル・ジャクソン」にも多大なる影響を
与えたと言われています。



キャブの代表作に1931年にレコ-ディングされた
"Minnie The Moocher"という曲があります(大ヒット)。
現在でも海外の多くのミュージシャン達にカバーされています。
(ラ・レヴューのレパートリーにもありますが)

この曲を歌う初期から晩年までの
キャブ・キャロウェイを是非ご覧下さい。











(18:25~)






晩年の渋~いキャブ・キャロウェイも歌に艶があって
ダンスもキレがあってカッコイイなぁぁぁ~。
そして、「ミニー ザ ムーチャー」は名曲ですねっ。

キャブは86歳で亡くなる直前まで演奏活動を
続けていたそうです。



この本は、、、
f0202785_20205399.jpg
買い付けの時、アメリカの ど田舎の古本屋で出会いました。
(運命的な出会いだと思っています)
キャブの伝記で、数少ない私の宝物です。



<キャブ・キャロウェイの墓石に刻まれているメッセージ>
日本語訳
私は、女、車、馬、、、全てを愛した。
皆さんはこういう事を
言葉でどう表現するのかご存知ですか?
それを、“生きるトキメキ”と言うのです。



いくつになっても、“生きるトキメキ”を忘れちゃいけませんねっ。





<現代版ブラック・エンターテインメント>









[PR]
by rondeism2 | 2015-09-19 21:35 | 黒人大衆芸能
ブラック・エンターテインメントへの誘(いざな)い Vol.23

私は黒人音楽が大好きでコレクターでもありました。
戦前から1980年代初頭の色んなジャンルの黒人音楽を聴き漁ってきて
やはり、ブラック・エンターテインメントの最高峰は
1970年代のヴォーカルグループだと確信しております。
この“スウィートソウル”を聴かずして黒人音楽を語るなかれ
と言いたいくらいです。

当時のいかしたファッションにヘアースタイル(笑)
そして、スウィートで、下半身がとろけてしまいそうな
大人のエッチな音楽をど~ぞご堪能下さい。




















黒人にしか出せない特有のイヤらしさ(色気)がも~たまらんです。
下半身を疼かせる珠玉の音楽ですねぇ。

子宮を刺激するような“ファルセット・ヴォイス”に“重低音ヴォイス”
そう、“スウィートソウル”は、、、
男が女性をベッドに誘う為の音楽、“ピロウ・ミュージック”なんです。
股間を誇張するようなピチピチの衣装で
クルクル巻いたタオルを入れて更に誇張するグループもおりました。
それを観ている客席の女性達は「キャーキャー」と黄色い声援で
ライヴが終わった会場には下着がいっぱい落ちてたそうです。


他にもエッチなグループがいっぱいいるのですが
そんな中でも私が一番好きな曲がこの曲です。



「あま~~~~~~~~~い。」(古っ)
もう、とろけちゃいそうです。


“スウィートソウル”は今一番"BIG BEAT"に出演して欲しいジャンルですね~。
そして会場の女性達を「キャーキャー」と熱狂させて欲しいです。
もちろん、会場の後片付けは我々スタッフがきちんとやらせてもらいます(笑)。




[PR]
by rondeism2 | 2015-02-06 21:24 | 黒人大衆芸能
ブラック・エンターテインメントへの誘(いざな)い Vol.22
Uncle John Scruggs



当時、奴隷としてプランテーションで働かされていた南部の黒人達から、
踊るための音楽として生まれたカントリーブルース。
そして、そのカントリーブルースに合わせて踊るカントリーダンスが、
彼らの唯一の楽しみでした。
まさにブラック・エンターテインメントのルーツです。

しかしこの子供達、イカシてるな~!
でも、もっとイカシてるのは、、、
椅子に座って微動だにしないオバさんです!!


BLUES


[PR]
by rondeism2 | 2011-11-08 22:00 | 黒人大衆芸能
ブラック・エンターテインメントへの誘(いざな)い Vol.21
TRAMP BAND



"La REVU" もか~なり影響を受けたバンドです!



Sammy Davis Jr.



この顔の表情、そしてタップダンス、、、魅せますね~!



ジャイヴ感た~っぷりの黒人ミュージシャン独特のフィーリング
(リズム感、表情、動き、声、衣裳、、)はたまりませんね~!!
 も~大っすきです!!!
これって他の人種には絶対にマネできないですよね~。
例えば、この時代のジャイヴ系の黒人音楽をやってる日本人のバンドは、
やっぱり白人寄りですもんね~。
音は黒人寄りでも、フィーリングはなかなかこの黒っぽい雰囲気は出せません。
だから黒人ミュージシャン達はすごいんです。
恐るべし、、、“ブラック・フィーリング”!!

「これぞ、ブラックエンターテインメント~っ!」


ちなみにこちらも。
early Sammy Davis Jr.
late Sammy Davis Jr.
キャリア長いですね~!
あんなに可愛かったのがこんなになっちゃって、、、


[PR]
by rondeism2 | 2011-08-17 22:55 | 黒人大衆芸能
黒人音楽じゃないけれど、、、
芸達者のスゴ腕揃い、しかもキャラがたってて、、、
黒人大衆芸能とはまたノリが違うけど、最高~~~のエンターテインメント集団です!!
あぶないギリギリのところで笑いをとるセンスが抜群なんですよね~!













もちろん "La REVU" もかなり影響受けました!
ちなみに、「Hawaiian War Chant」(替え唄:ハワイはおっちゃんと)は、
このグループのコピー・アレンジです。


「エンターテインメント性の高いバンドって、やっぱサイコ~ですよね!!!」




[PR]
by rondeism2 | 2011-05-20 22:12 | 黒人大衆芸能
ブラック・エンターテインメントへの誘(いざな)い Vol.20
今回も「カートゥーン」シリーズです。


Banned Just About Everywhere!



ここでもキャブ・キャロウェイ登場です。
ファッツ・ウォラ―やサッチモなども登場してますが、
キャブはカートゥーンの中でもキャラが際立って存在感ありますね~!




Squirrel Nut Zippers



今の時代にこういうP.V.を作るとは、、、
やっぱりこのバンドはセンス有りますね~!!
よ~く分かってらっしゃる。
数年前に流行ったギャング・ルック?系のネオ・スイング・バンドとは
一線を画しますね~!



このような、音楽とコラボした当時のカートゥーンは他にも沢山有るので、
色々と探してみたら面白いですよ~!

[PR]
by rondeism2 | 2010-09-04 22:44 | 黒人大衆芸能
ブラック・エンターテインメントへの誘(いざな)い Vol.19
アーリー・ブラック・ミュージックに大きく関わってたのが、当時の「カートゥーン」です!


Betty Boop - Cab Calloway



「面白いでしょ~!」
しかし、キャブはやっぱりサイコ~ですね~~~!!

このBetty Boopシリーズには、他にも色々有るので探して見てみて下さい。
なかなか面白いですよ~!


(続く)

[PR]
by rondeism2 | 2010-08-22 22:13 | 黒人大衆芸能
ブラック・エンターテインメントへの誘(いざな)い Vol.18
Hoosier Hot Shots





黒人音楽じゃ~ないんですが、、、
これまた大好きなウォッシュボード・バンドです!
「耳も目も楽しませてくれますね~!!」

"La REVU"でもこのグループの
「Taint' Nobody's Business What I Do」
という曲をやってました。

[PR]
by rondeism2 | 2010-06-28 22:03 | 黒人大衆芸能
Jive Talk Dictionary
これは15、6年前にアーリーブラックミュージックのイベントをやってた頃に作った
手作りの小冊子ですが・・・・・・

f0202785_21243499.jpg

当時の黒人ジャズミュージシャン達が使っていたスラングを集めた辞書?です(A~Z)。
(キャブ・キャロウェイやスリム・ゲイラードが出していたものを真似して作ってみました)

当時のスラングは音楽関係、ファッション関係など色々ありますが、
やっぱり麻薬関係(例えばreefer)やエッチ関係(例えばbrowjob)の言葉が一番多いですね~。
今でも一般に使われている言葉もあったりして、、、
freak:フリーク=信者。愛好家。
crazy:クレイジー=素晴らしい。
junkie:ジャンキー=中毒者。
up-tempo:アップテンポ=速いテンポの音楽。
などなど・・・・・・

この時代まだ差別を受けていた黒人ミュージシャン達は、
白人達(観客)の前で演奏をする時にスラングを使って歌ってたりしてました。
白人達には普通の歌詞だけど、じつはものすごく卑猥なこと歌ってたりと、
そうやって白人達をあざ笑うというか、ひそかに楽しんでたんですね~。

黒人音楽を知るうえでスラングを知ってると、
裏の歌詞とかが分かってとても面白いですよ~!
とてもウィットにも富んでるし。
ただ、隠語だから新しい言葉が次々と生まれていたようです。

[PR]
by rondeism2 | 2010-05-29 21:55 | 黒人大衆芸能
ブラック・エンターテインメントへの誘(いざな)い Vol.17
The Mills Brothers






これは有名なグループなんですが・・・・・・
コーラス系(バーバーショップ・カルテット)もやっぱお洒落だな~、洗練されてます!
こういうのってず~っと聴いてても飽きないんですよね。
夏なんかには最適ですよ~!
(やがてこのスタイルが40~50年代のドゥーワップ/バードグループへと)

「これぞ、ブラックエンターテインメント~っ!」

[PR]
by rondeism2 | 2010-05-27 22:00 | 黒人大衆芸能