<   2009年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧
VINTAGE GALLERY Vol.47
1998年9月入荷商品より抜粋(GARDENIA)

f0202785_21551457.jpg
1920's~30's Shaker Sweater(wool)

f0202785_21552497.jpg
1930's~early40's Zip."2-Tone"Cardigan(wool)

f0202785_21553441.jpg
1930's~40's "2-Tone"Cardigan(wool)

f0202785_21554625.jpg
1930's~early40's Lumberjack Shirt(wool)

f0202785_21555823.jpg
1940's~early50's Pullover Shirt(rayon&corduroy)

f0202785_21561115.jpg
1940's~early50's Pullover Shirt(rayon)


※以上は、今まで販売してきたものばかりですので、在庫は有りません。

[PR]
by rondeism2 | 2009-05-31 22:03 | ヴィンテージギャラリー
WARP&WOOF 入荷(ジャケット)!
f0202785_23204158.jpg
f0202785_2321779.jpg


1930's BLACK CORDUROY SPORTS JKT

¥29,190(本体¥27,800)
コットン100%(オリジナル・コーデュロイ)
色:ブラックのみ
サイズ:38(M),40(L)

f0202785_23265564.jpg
(襟を立てたらこんな感じ)

f0202785_23271085.jpg
(フックレス・ジッパー)


ショート丈(ベルト位置位)で逆三角形気味のタイトなシルエット。
まさに1930年代を彷彿させる、男前のカッコイイ~ジャケットです!
このコーデュロイの素材感、背中のアクションプリーツ、裾のストラップ、
そしてフックレス・ジッパー(復刻)使用と、
ヴィンテージ・フリーク心をくすぐるディテールもバッチリですよ~!


他にこの生地もあります。
f0202785_23404396.jpg
フランス綾:¥31,290(本体¥29,800)



WARP&WOOF

[PR]
by rondeism2 | 2009-05-30 23:42 | other brands
Mill Reef 入荷(ギャロップ)!
f0202785_2159228.jpg
(ブラック)


GALLOP OXFORD LEATHER

¥15,800(税込)
サイズ:7(25cm),8(26cm),9(27cm),10(28cm)


ギャロップのレザー・タイプ、第2弾です。
前回のハイカットの時は即完売となってしまいましたが、
今回のオックスフォードもまたまたイイ質感ですよ~!
お見逃しなくっ!!



Mill Reef

[PR]
by rondeism2 | 2009-05-30 22:18 | other brands
コーディネイト・サンプル
たまには、“クラシックな装い”の提案

f0202785_2148582.jpg
(今日はきちんと着こなしたい気分……)

f0202785_21502926.jpg
(チンストラップを外したらこんな感じに)

f0202785_21504380.jpg
(こんな感じもなかなかイイでしょ~)


ANOTHERLINE
WAISTCOAT
SPINNING-WORKER SHIRT

Django Atour
NEWSBOY CAP


アンティーク・テイストのクラシックなアイテム……
ドレス系になるのも、ワーク系になるのも、装い(着こなし)次第です。

きちんと着こなしたり、着くずしたり、
着る人によって様々な雰囲気になる、それが個性。
何をどう組み合わせて自分なりのスタイルにするか、楽しいですね~!想像(妄想)。
なかなか「キマったね!」ってならない時もありますけどね。
それもまた楽しい~っ!!

[PR]
by rondeism2 | 2009-05-29 22:23 | コーディネイト
何を目的に生きるのか?
f0202785_21405046.jpg

「どの分野でも、人々は苦しまない方法を求めるが、
より良いものを作ろう(創ろう)とすれば、苦難へ、貧困へ突き進むことになる。
偉大なる創意は苦悩によって生まれる。
この魂を粉々に引き裂くことから、
幾世代もの人々を堪能させる香りと味わいの果実が生まれるのだ。」

<建築家:アントニオ・ガウディの言葉>



この言葉は、、、
貧乏だったガウディは、一時期憧れていた名誉・大金を手に入れ
上流階級入りを果たしたのですが、いずれそんな生活に空しさを感じ

「いったいそんなものが何になる、何のために生きるのか!」

と悟りました。そして、全てを捨て再び貧困の中で
時間(人生)の全てを建築創造に費やし、
長い年月をかけ、彼の死後(1852~1929)今もなお作り続けられている
“サグラダ・ファミリア大聖堂”(スペイン・バルセロナ)をはじめ
前代未聞の独創の世界を構築した
ガウディの人生そのものではないでしょうか。


足元にも及びませんが、心より尊敬しております!




[PR]
by rondeism2 | 2009-05-27 22:09 | ロンドイズム
こんな感じになってます!(コート)
愛用のジャンゴ「リネンダスターコート(2nd/2006年3月リリース)」です。

最初の頃は、ガンガン洗い込んでました。
おかげで細い繊維(起毛)が抜けて、生地の表面がイイ~感じになりました。

ところが最近は全く洗ってません……

f0202785_223125.jpg
f0202785_2233361.jpg
f0202785_2241656.jpg
(この腕の皺、やっぱイイな~!)

当然ですが、よ~く見ると結構薄汚れてるんですよね~。
でも、リネンの薄汚れ
「嫌いじゃないんだよな~!」
というわけで……、当分洗うつもりはありませ~ん。

暑くなってきたけど、まだまだ着倒しますよ~!




[PR]
by rondeism2 | 2009-05-26 22:54 | 経年変化
スクラップブック
ガーデニアの頃、買い付けの度に洋書(写真集)を沢山買い込んで、
店内のライブラリー・コーナーに展示してました。
それだけでは物足りず、
写真集の中のお気に入りの写真をコピーして、スクラップ・ブックに貼り付け
コメントを書き込んでは、お客さんに着こなしの提案をしてました。
これが結構好評でしたよ~。今でも使ってます。 

f0202785_22501964.jpg
f0202785_22502841.jpg
f0202785_22504227.jpg
f0202785_22505516.jpg
f0202785_22511360.jpg

労働者、芸術家、ミュージシャン、俳優、一般人、等々……
19世紀~20世紀初頭の写真なんですが、やっぱカッコイイ~っすね~!

あれから十数年経ってるんですが、求めてるスタイルは変わってないですね。
全くブレてませんっ!
良いのか悪いのか……? 分かりませんが、
こういうスタイル、昔っから大っ好きですから~~!!



ちなみに、ブライアン・クロージングの頃に作ったスクラップ・ブックは、
東京の“立ち飲み・なるきよ”(ロンドお勧めの飲食店、参照)に置いてあります。
機会があったら、ぜひご覧下さい。

[PR]
by rondeism2 | 2009-05-25 22:52 | ヒストリー
GARDENIA(ガーデニア)・2
1997年9月~2002年6月


今までに影響を受けた“もの”や“こと”をフィルターを通し、
理想の形として
この空間(ガーデニア)で表現しました……!
(内装は、もちろん自分達でやりました)

f0202785_9361237.jpg
f0202785_936241.jpg
f0202785_936451.jpg
f0202785_937087.jpg
f0202785_9371669.jpg
f0202785_9373350.jpg
f0202785_9375778.jpg

店内へ一歩足を踏み入れると……
そこはアンティークの数々とガーデニアの花の香りに包まれた、
全く別世界というか、別の時間がゆ~っくりと流れていました。

オープン当初は……
今までに無いような空間だったので、
お客さん達は店内に入ったとたん圧倒されていましたね~。


(続く)


HISTORY

[PR]
by rondeism2 | 2009-05-24 21:39 | ヒストリー
お勧めCD!
基本的には古い音源(黒人音楽)が好きなんですが、
ずっと古いのばかり聴いてると、たまには新しいのを聴きたくなります。
そんな感じで、今聴いてるのがコレです。

f0202785_22271371.jpg
コレはお客さんから借りて聴いてるんですが、最近飽きずによ~く聴いてます。
ジャジーでもあり、フォーキーでもあり、
ノスタルジックでもあり、モダンでもあり、
楽器も、ストリングスが入ってて好きな編成です。
大好きな“ジャンゴ・ラインハルト”の曲なんかもやってて……お勧めです!

THE RED STICK RAMBLERS




f0202785_22364458.jpg
コレは、先日NYライブから帰国したばかりの
“ザ・トラヴェラーズ”のケンザブロー(vo.)が持ってきてくれたので、借りて聴いてます。
これは彼の友人でもある、ネオ・スイングの先駆者“ロイヤル・クラウン・レヴュー”の
ドラマー、ダニエル率いるバンドです。
古い音源をアレンジして、オシャレ~な音に仕上がってます。
コルネットの音色もたまりませんね~。
オイシ~曲がいっぱい入ってて、
1920年代~30年代のオールド・ジャズ・ファン以外の人にもお勧めです!
1曲目に大好きな“Old Joe's Hittin' The Jug”が入ってて、
これは30年代の“スタッフ・スミス”がやってるのがサイコ~にカッコよくて大っ好きなんですが、
彼らがやってるのも、なかなかイイですよ~!
この曲を聴くと血が騒ぐんですよね~!!

RHYTHM CLUB ALL STARS

そういえばこの曲は、14年前に主催したイベントで、ゲストとして出演してもらった
岐阜の“スイング・タイム・レコード”というバンドもやってたな~。これもカッコよかった!

ちなみに、これがその時のポスターです。
f0202785_239130.jpg
そういえば……
この時が“ラ・レヴュー”のデヴュー・ステージでした。
その時のバンド名は“コットン・クラブ・ボーイズ”。
なつかしか~!

[PR]
by rondeism2 | 2009-05-23 23:31 | BGM
コーディネイト・サンプル
綿麻素材で“夏のカジュアル・ワークな装い”の提案

f0202785_21134891.jpg
f0202785_21141248.jpg

Django Atour
COTTON-LINEN WORK VEST
REGULAR WORK SHIRT/herringbone
COTTON-LINEN FACTORY PANTS
WORKERS CAP

Mill Reef
CALM


ワーク・スタイルもこの季節はサラ~ッとキメたいですね~!
ハードじゃない、カジュアル・ワークな着こなしのお勧めです。
最近、このグレー(シャツ&ベスト)とオリーブ(パンツ)の色の組み合わせに
心惹かれています。イイ~色バランスです!







f0202785_21291285.jpg
f0202785_21292810.jpg

Django Atour
LINEN PETIT WING-COLLAR SHIRT
COTTON-LINEN WORK VEST
SCARF BANDANA

Miller
TANK-TOP


夏でも洒落たいっ! そんな時、
タンクトップに薄手の良質リネン・シャツの組み合わせはいかが?!
このシャツの透け感、大人でしょ~?
そして、綿麻のライトウェイトなベストを組み合わせてもイイですね~(画像:下)。
リネンの“白”
夏に引き立ちます!
パンツには、綿麻の「リネンデニム スポルトパンツ」がお勧めです。
サンダルとか、スニーカーに合わせて……
コレはイイ~ッ!!

着こなしの参考にこちらもどうぞ。



※麻、綿麻は、これからの季節にサイコ~の素材です(着心地、風合い共に)!!!

[PR]
by rondeism2 | 2009-05-22 21:59 | コーディネイト