<   2014年 03月 ( 26 )   > この月の画像一覧
VINTAGE GALLERY Vol.162
2002年10月~2003年3月入荷商品より抜粋(RONDE&PIRACONIA)

f0202785_2129445.jpg
f0202785_21295752.jpg
1910's~20's Duster(linen)

f0202785_2130942.jpg
f0202785_21302268.jpg
1910's Stripe Shirt(cotton)

f0202785_21303587.jpg
1920's Shaker Sweater(wool)

f0202785_21304620.jpg
1920's Shaker "Kid's" Sweater(wool)

f0202785_21305918.jpg
f0202785_21311172.jpg
1930's Sport JKT(suede)

f0202785_21312128.jpg
1930's~early40's Half-zip Shirt(wool)

f0202785_21313791.jpg
1940's~early50's Printed "Pink & Black" Shirt(cotton)

f0202785_21315054.jpg
1930's~40's Work Apron(cotton)


※以上は、今までに販売してきたものばかりですので、在庫は有りません。




[PR]
by rondeism2 | 2014-03-31 21:47 | ヴィンテージギャラリー
ジャンゴとヴィクトリアン
ヴィクトリアン時代(1837~1901)の服飾に興味を持ち始めたのは
今から20数年前、"BRIAN CLOTHING"(~1997年)の中期の頃でした。
きっかけは、買い付けの時に見たディーラーのコレクションです。
それまでは1920年代~1960年代頃のヴィンテージを買い付けていたので
このヴィクトリアン時代の服や靴や小物・アクセを初めて見た時は
今まで見たヴィンテージとは全く違うオーラを感じ
そのアンティーク クロージングの世界へグイグイと引き込まれていきました。
当時は、いつもの買い付けをしながらヴィクトリアン時代の服を色々と見てましたねぇ。
(こんなものばかり集めているディーラーがいるんですよね。お婆ちゃんとか)
さすがにコンディションの良いものは少なく、ほとんどがダメージのひどいものでしたが。
でも、それらの服を見たり触ったりするだけでもすごく勉強になりました。
おかげさまで、か~なり目は肥えましたね~。


そして、"GARDENIA"(1997年~2002年)をオープンする為の買い付けで
ヴィクトリアン時代の服や小物も(状態の良いものだけ)買い付け
商品として扱うようになったのです。
ま、当時はこんな古い時代の服が売れるなんて
はなっから思ってませんでしたけどね。
でも、ど~しても"GARDENIA"に置きたかったんです。
100年以上前のアンティーク クロージングを展開するのは
"GARDENIA"をやる目的の一つでもあったから。
まぁこれはロマンですよ。男のロマンってやつですかねぇ~。
やはり大事でしょう? こういう気持ち(ある意味ギャンブル)は。
ボコボコにされるのが分かっていても戦うっていうか、、、
ま、実際"GARDENIA"でボッコボコになったんですけどね(笑)。
ヒリヒリするようなものと出会ったらボコボコになるのは分かっていても
ど~してもやりたくなってしまうんですよね。

困ったことに、こればっかりは学習能力がないみたいです。
これまでに何度かボッコボコになってますもんねぇ。

("GARDENIA"は福岡でディープな極一部の人達にしかウケなかったけど
あの空間は私の中では最高傑作だと今でも自信を持って言えます)


でも、結局これが後に、、、
ジャンゴでヴィクトリアン・スタイルの服を作ることに繋がるんですよね。



f0202785_22425583.jpg



ジャンゴで最初にヴィクトリアン・スタイルの服を作ったのは
2006年リリースの「クラッシックド テーラー JKT」からですが
本格的に作りだしたのはアナザーラインを展開し始めた2008年からです。
ヴィクトリアン時代の服のカッコ良さをどうにか形に出来ないものかと
当時のまんまではなく現代でも着れるようなカッコイイ服にアレンジ出来ないものかと
思考錯誤の末やっと、「テールワークコート」と「ウエストコート」
リリースするに至ったわけです。
ジャンゴの作るヴィクトリアン・スタイルの服というのは
まんまヴィクトリアンではなく、あくまでも“ジャンゴ流”のスタイルなんですよね。


これからも世間の流行なんか気にせず
「WORQUES」な服をいっぱい作っていくつもりです。
最近また、魂の奥がヒリヒリしだしてきたので
またボッコボコにされたくなってきましたね~。




[PR]
by rondeism2 | 2014-03-30 21:37 | ジャンゴとは
ヴィクトリアン時代の労働者達②

f0202785_21473833.jpg
(1860年代)

f0202785_21475444.jpg
(1870年代)

f0202785_214846.jpg
(1880年代)


それぞれの時代のそれぞれの労働者は
やっぱり、、、
それぞれに存在感があってカッコイイですね~。




[PR]
by rondeism2 | 2014-03-29 22:09 | オールドフォト
店主のコーディネイト
暖かい日が続いていよいよリネンの季節到来ですね。
ジャンゴと言えばリネンです。

f0202785_22192256.jpg

Django Atour
ANTIQUE BAKERS JKT:ANOTHERLINE
ANTIQUED LINEN STRIPE SHIRT:ANOTHERLINE
FRENCHLINEN GERMAN VEST
FRENCHWORK MOLESKIN PANTS:MASUYA
FELT HAT
SUNGLASS/REINHARDT
CLASSIQUE BOOTS:ANOTHERLINE

atelier Orange
FORBIDDEN BELT


f0202785_2220678.jpg
f0202785_22195466.jpg
f0202785_22203270.jpg


f0202785_22202086.jpg
(まぁ~いやらしい)


このジャケットは、「38」にしようか「40」にしようか迷ったあげく
これはちょっとユッタリめに着ようと「40」にしたのですが
最近、もう少し小さめで着たくなり
コインランドリーの乾燥機にぶち込んだらグ~ッドなサイズ感になりました。
リネンの風合いもよくなり実験成功です。




<上記の商品の在庫につきましては、気軽にお尋ね下さい>
※「ジャンゴ・オフィシャルサイト」で "sold out" になってる商品も有る場合がありますので。




[PR]
by rondeism2 | 2014-03-28 21:31 | 店主の装い
うきはの桜並木
今日は、この時期に通るたびに前から気になっていた
うきは市の「流川桜並木」に行ってきました。

f0202785_20365591.jpg
f0202785_2037660.jpg
巨瀬川沿いの桜の名所です。


f0202785_20381772.jpg
f0202785_2039485.jpg
2kmにわたって続く桜のトンネル。

f0202785_2039107.jpg
青空と桜色と菜の花の黄色と緑の
自然のコントラストがとてもきれいです。

f0202785_20394495.jpg
f0202785_20395668.jpg
f0202785_20401261.jpg
棚田のある耳納連山を望む。

f0202785_20402624.jpg
f0202785_20404010.jpg

1000本の桜のトンネルはとっても見応えがありました。
夜は照明が点くそうなので夜桜もきれいでしょうね~。
たまにはゆっくり歩いて季節を感じるのもイイもんです。
(まだ九分咲き位だったので週末が満開でしょう)



駐車場を出て山の方を見たら、なんと、、、
f0202785_20405183.jpg
山の中腹にピンク色に染まった
ハート型の桜の森(?)が見えましたよ~。



うきは市 流川桜並木




[PR]
by rondeism2 | 2014-03-27 21:15 | 出来事
PHILIP ANDERSON & BROS. (waist bag)
在庫を切らしていた“ダークブラウン”が入荷しました。


f0202785_21401441.jpg
(ダークブラウン)

P.A. FLAT WAIST BAG
¥23,000(税別)


有りそうで無かった“薄手”のカッコイイ~ウエストバッグ。
これが、手荷物の少ない人にはかなり重宝するんですよねぇ。
もちろん私も愛用してますよ~。か~なり重宝しております。

PHILIP ANDERSON & BROS.
(詳細はこちらを)




[PR]
by rondeism2 | 2014-03-26 21:48 | PHILIP ANDERSON
建築:宮大工“西岡常一”棟梁

小学生の頃から建築物に興味を持ち始めまして
本気で建築設計士、店舗やインテリア・空間デザイナ―を目指していましたが
どういう訳か、、、今こうやって洋服屋を生業としております。
しかし、今でも建築の事は好きでよく本を読んだりしています。
なんか根底にあるものに服作りと共通するものを感じるんですよね。

そんな、建築を目指している頃から尊敬している(多大なる影響を受けた)
宮大工の西岡常一さんを紹介します。
道を極めた職人さんというのは凄いものです。
それは技術力だけでなく精神性まで。






一言一言に言葉の重みがグッと伝わってきます。
カッコイイんです。
こういう風に、自分の経験から得たものを
サラ~ッと言えるようなモノ作りをしたいものです。
まだまだ修行が足りませんが
ジャンゴのモットー
作り手は良いモノ、人に喜んでもらえるモノを作る為に魂を込める。
「良い品質は作る人の魂の証である」
を肝に銘じて。




[PR]
by rondeism2 | 2014-03-25 21:24 | 趣味(建築・庭園・他)
GARDENIA COLLECTIONS #28

f0202785_21462659.jpg
(フロント)

f0202785_21463759.jpg
(バック)

f0202785_21465261.jpg
(ショルダー)

f0202785_2147468.jpg
(ポケット&ペン差し)

f0202785_21471793.jpg
(袖口)

f0202785_21472783.jpg
(ボタン)


1920's~30's style
Heavy-Canvas Work Tailored JKT.

1920's ナットボタン使用


※GARDENIA(1997~2002)のショップ“限定”オリジナルとして製作。現在、在庫は有りません。




[PR]
by rondeism2 | 2014-03-24 22:15 | コレクション
経年変化中(CLASSIQUE FRENCH SACKCOAT)
またもや、ここ10日位ずっと着続けているジャケットです。

f0202785_219358.jpg
(着用前)
CLASSIQUE FRENCH SACKCOAT
ANOTHERLINE



そして現在は、、、
f0202785_2110881.jpg
f0202785_2110970.jpg
f0202785_21103546.jpg

このジャケットのフワッとした着心地の良さはもちろんですが
皺の入り方が“皺フェチ”の私にはたまらないんですよね。
「ク~ッ、カッチョエエ~ッ」
前回紹介した時よりも更にイイ感じになっています。
(こちらを参考に)
もちろんまだ1度も洗ってませんからね。
(10人位にクサイと言われるまでは洗う予定はございませ~ん)




[PR]
by rondeism2 | 2014-03-23 21:16 | 経年変化
プラットフォームにて

f0202785_2243562.jpg
(1880年代)


大人から子供まで、、、
み~んなカッコイイです。

その佇まいが絵になりますよねぇ。
男の着こなしは
こうありたいものです。



[PR]
by rondeism2 | 2014-03-22 21:56 | オールドフォト