<   2015年 01月 ( 21 )   > この月の画像一覧
VINTAGE GALLERY Vol.182

"BRIAN CLOTHING"時代の入荷商品(1989年頃~1997年)より抜粋


Vintage Denim Jacket
[STORE BRAND]
f0202785_21541954.jpg
f0202785_21542116.jpg
f0202785_21545784.jpg
f0202785_21545822.jpg
f0202785_21552671.jpg
f0202785_21552846.jpg
f0202785_21555890.jpg


※以上は、今までに販売してきたものばかりですので、在庫は有りません。




[PR]
by rondeism2 | 2015-01-31 21:58
“世界観”のリストラクチャー

ジャンゴは、19世紀~20世紀初頭の欧米の服飾・文化に
多大なる影響を受けて
“クラシック&モダーン”な服作りをしています。

f0202785_22122872.jpg

ジャンゴの言う「再構築」とは、、、
古い時代の服そのものを「再構築」するという意味だけではなく
その時代の“世界観”とイメージを分解し
ジャンゴなりの“世界観”(美学・哲学など)でそれを「再構築」し
ジャンゴ独自の新たな“世界観”を創るという意味を含んでいます。
(どちらかといえば、こちらの方にウエイトを置いています)

それは、長年アンティークやヴィンテージに携わり培った感覚が
大切な要素になっています。
ただ当時の服と似ているというだけではコピーという枠から出れません。
その裏(陰の部分)に何かメッセージ性が必要となってきます。
独自の“世界観”を「再構築」するということは
当時の服の力を借りるというよりも
独自の付加価値を加える事の方が重要なのです。

それが出来るのはやはり
当時の服飾に対する深~いリスペクトがあるから
なんだと思います。


Django Atour
[PROFILE]





[PR]
by rondeism2 | 2015-01-29 22:15 | ジャンゴとは
EDWARDIAN COUNTRY JKT.

これは、"BRIAN CLOTHING"の買い付けの時に
アメリカのど田舎で出会ったジャケットです。

f0202785_21422916.jpg
f0202785_21425091.jpg
1900's~10's
<ジャンゴ資料>


着た時のシルエットがカッコイイんですよね~。
当時の紳士達はこんなジャケットを着て
ハイキングや狩りを楽しんでいたんでしょうね。


f0202785_2143119.jpg
生地もすごくイイんです。
(ヘリンボーンツィード)




[PR]
by rondeism2 | 2015-01-27 21:55 | コレクション
洋風居酒屋・ブラッカブロッコ

昨夜は久々のミーティングで「ブラッカブロッコ」へ行ってきました。

f0202785_21145160.jpg
洋風居酒屋・ブラッカブロッコ
久留米市六ツ門町22-21 B1F// あけぼの商店街の路地裏通り
☎0942-38-5111
18:00~24:00(23:00ラストオーダー) 火曜日定休

こちらも参考に



久しぶりの例のミーティングでした。
4時間かけて、ミーティング半分、雑談半分という
まぁ、新年を迎えても相変わらずです(笑)。でも、、、
「面白かった~~~っ。」



<今宵のお勧めの一品です>
昨夜も美味しい料理をいっぱい頂いたのですが
その中から今回紹介するのはこちらです。
f0202785_21153239.jpg
「ハンバーグ ジャポネソース」
初めての注文でしたが、旨味がいっぱい詰まった逸品でした。
※裏メニューになるので要予約です。

コレお勧めです。
(もちろん、他のメニューも旨いですよ~っ)


「久しぶりだったけどやっぱり旨いわぁ。ご馳走様でしたっ。」





ロンドお勧めの飲食店




[PR]
by rondeism2 | 2015-01-26 21:42 | お勧めのお店
DJANGO de COORDINATE


f0202785_21424971.jpg
(Age:46)

ジャンゴとヴィンテージでのコーディネイトです。



Django Atour
FRENCHWORK CORDUROY VEST
CLASSIC FRENCHWORK SHIRT:ANOTHERLINE
WOOL-MELTON JODHPURS:ANOTHERLINE/MASUYA
FELT HAT(WASHED)
SUNGLASS/HOLMES




[PR]
by rondeism2 | 2015-01-24 21:54 | カスタマー
ロンドの装道(1)

外見で人を判断するなとは言いますが、ほぼ判断出来ると思うのです。
だからこそ身形(装うこと)ってすごく大切なことだと思います。



"BRIAN CLOTHING" "GARDENIA" "RONDE" と
常連さんに「自分にとってここは店というより道場です」とよく言われました。
それはこういうことなのかも、、、

「ロンドの装道」とは・・・
(着物の装道とは別のものになります)

“装う”ことを通して、センスを磨き、精神を磨き、
人生を豊かなものにすることを目的としています。
どんなにイイ服をいっぱい持っていても
どんなに装って外見がカッコよくても
内なる精神が良くなかったら?
と、そういうところを大切にしています。

その為には“どうしたら良いのか?”
それを“装い”で上手く表現出来ればという想いで今までやってきました。


ただカッコイイ着こなしをするとかだけではなく「道」という考え方です。
ただその技術だけを向上させるというのではく
武道とか茶道とかと同じように「道」の精神を意識してきました。

服のことだけでなく、自然に触れたりだとか、美術を鑑賞したりだとか、
美味しいものを食べたりだとか、
五感で感じたものや体験したものを
自分のフィルターを通して“装い”に反映させていく。
そして、“装う”という行為を通して精神(魂)を磨く。

精神を磨くと言っても「聖人君子になりましょう」というものではありません。
まぁ私自身が100%良い人間ではありませんし
お蔭さまで悪い(毒の)部分もいっぱい持ち合わせていますから。
それはそれで良いと思っています。
ここで言う“精神を磨く”とは
その悪い部分も受け入れ自分そのものと向き合って
自分“らしさ”(個性)を形成していくという意味です。
それが表面的な“装い”のカッコよさと相まった時に
その人独自のカッコよさが着こなしで表現されるのではないでしょうか。

最初は人マネから始まっても
それを試行錯誤し自分のオリジナリティーとして昇華させていく
そういう人の着こなしはやっぱりカッコイイです。
ファッション誌の提案するものや流行のものなどとは
全く別次元のカッコよさが好きなんですよね。
そういう意味でも、ロンドの常連さん達にはすごく刺激を受けています。


「ロンドの装道」はお客さんに強要するものではありません。
お洒落には色んな楽しみ方があると思います。
これは私の“装い”に対する楽しみ方なので
色んな楽しみ方の中の一つだと受け取って頂ければと思います。




ダラダラと長く難しく書きましたが、ようするに、、、
お洒落するのが、バカが付く位大っ好きっちゅうだけなんですけどね(笑)。
自分なりの“装い”の楽しみ方を見つけると
お洒落することがもっともっと楽しいものになりますよ~。

“装う”ことは、人生に彩りを与えてくれるとっても大切なものだと思います。




先日、60歳過ぎのお客さんが
1時間以上かけてパンツをいっぱい試着されました。
そして帰り際に
「楽しかった~~~っ。」
と言って店を出て行かれました。
(もちろん購入して頂けましたよ)
その言葉を聞いて、私はす~ごく嬉しかったです。
お洒落を楽しむカッコイイ60代ですよぉ。




[PR]
by rondeism2 | 2015-01-23 22:29 | ロンドの装道
BGM:Franky & The Jacks











なんか、男臭くってカッコエエなぁ~っ。




[PR]
by rondeism2 | 2015-01-21 22:07 | BGM
DA"authentic made" (jacket)

本日、“オーセンティック メイド”の「DA クラシック JKT」が入荷しました。


f0202785_20214389.jpg
f0202785_20212156.jpg
(ネイビー)

f0202785_20221481.jpg
(ホワイト)

DA CALASSIC JKT
- authentic made -
¥32,800(税別)

<詳細はこちらを>


2006年から作り続けている(今回は6作目)ヴィクトリアン・テーラードの
「クラシックド テーラー JKT」アップデート版です。
若干のパターン修正を施し“オーセンティック メイド”として
ジャンゴ永遠の定番としてこれからも展開していきます。

この馬布(馬と鞍の間に敷く高密度の平織りコットン)の素材感が
春から夏にかけての季節にピッタリです。



f0202785_2022430.jpg
f0202785_20225360.jpg
f0202785_2022309.jpg
f0202785_20231347.jpg
身長180cm 胸囲103cm ・・・ 「L」を着用


ジャンゴのテーラードJKTと言えば、まずはコレが代表作と言えますね。
あらためて、やっぱりカッコイイ~ジャケットです。

by atelier GARDENIA




[PR]
by rondeism2 | 2015-01-20 21:43 | Django Atour
VINTAGE GALLERY Vol.181

"BRIAN CLOTHING"時代の入荷商品(1989年頃~1997年)より抜粋


Vintage Denim Jacket
[Wrangler]
f0202785_2221486.jpg
f0202785_22224953.jpg
f0202785_22223713.jpg
f0202785_22233292.jpg
f0202785_2223718.jpg
f0202785_22235997.jpg
f0202785_22233739.jpg
f0202785_22242889.jpg


※以上は、今までに販売してきたものばかりですので、在庫は有りません。




[PR]
by rondeism2 | 2015-01-18 20:35 | ヴィンテージギャラリー
La Garbo (skirt)

本日、“ラ・ガルボ”(レディース)の新作スカートが入荷しました。


f0202785_21243120.jpg
(ブラック/オフホワイトボタン)

f0202785_2125358.jpg
(ブラック/ダークブラウンボタン)

f0202785_21244591.jpg


f0202785_2125452.jpg
(ベージュ/アイボリーボタン)

f0202785_2126149.jpg
(ベージュ/ベージュボタン)

f0202785_2228062.jpg


SHAKER SKIRT
¥20,800(税別)

<詳細はこちらを>


20世紀初頭のスカートをモチーフにモードとワークを融合した
“クラシック・モード”なスカートに仕上げました。
着用した時のシルエットがエレガントで
コットンリネン(モールスキン)のちょっとツヤとハリのある独特の素材感と
ウォッシュ加工を施したシワの風合いがまたイイ感じです。



f0202785_2130649.jpg
(腰まわりはややタイトなフィット感です)
f0202785_21305663.jpg
f0202785_2130518.jpg
(後ろの方が丈が長めになってます)
f0202785_21322617.jpg


女性にはもちろん男性にもお勧めですよ~。
自分で穿くんじゃなく、奥さんや彼女へのプレゼントにですよっ。
でも、ピラコニアの中村はサイズ38がピッタリだったそうです(笑)。

by atelier GARDENIA





筑後地区取扱店:denim(久留米市六ツ門町22-11 ☎0942-37-2246)




[PR]
by rondeism2 | 2015-01-17 21:39 | La Garbo