<   2016年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧
Django Atour "ANOTHERLINE" #103 (pants)

ANOTHERLINE:“アンティーク・クローズの解体と創造”


f0202785_21404812.jpg
f0202785_2141915.jpg
(ベージュ)

f0202785_21413744.jpg
(ネイビー)

VICTORIANS WORK KNICKIERS
¥26,800(税別)

<詳細はこちらを>


ヴィクトリアン時代初頭のトラウザーズを参考に
ジャンゴ流の解釈と創造で
“WORQUERA/ワークエラ”な匂い漂う
アンティーク・ワークなニッカーズに仕上げました。
硫化ムラ染めの色落ちも楽しみです。



f0202785_2141593.jpg
f0202785_21421610.jpg
身長180cm ウエスト84cm ・・・ 「L」を着用


ボタンの留め方で色んな着こなしを楽しんでみて下さい。
新たな発見があるかもしれませんよぉ。
f0202785_21432882.jpg
f0202785_21434292.jpg
f0202785_2144013.jpg


革靴で“ハード・クラシック”な着こなしはもちろんですが
画像のように、スニーカーで“ソフト・クラシック”な感じも
夏にはなかなかイイ雰囲気です。
また、クラシック感のない着こなしも面白いかもですね。

by atelier GARDENIA




[PR]
by rondeism2 | 2016-04-22 21:52 | ANOTHERLINE
熊本大分地震

今夜8時40分頃また大きな揺れがありました。
久留米で震度4でした。
震源地は南阿蘇と竹田(大分)周辺で震度5強だそうです。
熊本ではまだ震度3~5の余震が頻繁に起きています。
いったいいつまで続くのだろうか、、、



f0202785_22143443.jpg
(5年前に行った時の熊本城)


熊本市の中心街へ行くと、あの威風堂々とした“熊本城”が見え
「あぁ、熊本に来たなぁ」という気持ちになります。
何度か城内、そして天守閣にも行ったことがありますが
とても美しく立派なお城です。
そして、“阿蘇山”“阿蘇神社”のある阿蘇は大好きな所で
特に南阿蘇はとても自然豊かでのどかな景色が素晴らしく
食べ物も美味しく、ここ数年よく出掛けていました。
その時は必ず“阿蘇大橋”を渡るのですが
あの、山の崩壊と無くなった橋の映像を見た時は
とても信じられず言葉になりませんでした。
穏やかだった時の美しい風景を思い浮かべると胸が痛みます。
昨年の夏も“高森殿の杉”を見に行ったのですが
急な雷雨で入り口まで行ってたのに断念しました。
今年の夏こそはと思っていました。そしてついでに
日本最古の宮と言われる“幣立神宮”と
“通潤橋”にも行こうと思っていたのですが、、、



この度の震災でお亡くなりになられた方々の
ご冥福をお祈りしお悔やみ申し上げます。
ただ想いを寄せることしか出来ませんが
被災された方々が少しでも早く
心穏やかになられるよう願っています。

その為にも、出来る限りの支援が必要だと思います。
(久留米でもやっと救援物資の受け入れが始まったそうです)
復興はとても困難な事だと思います。
いまだに地震は続いていますが
一日も早い復興を願っています。
そして、道路が復旧し通れるようになったら
是非また遊びに行こうと思っています。





一日も早く、この笑顔と元気が戻ってきますように! いや、必ず戻ってきます!!




熊本・大分には、ロンドのお客さん、ジャンゴの取扱店さん、
友人、知人など、たくさんの仲間達がいます。
今回は私なりに色々想うことがありまして
(自粛ということではありませんが)
当面ブログは、入荷商品の紹介とお知らせ事項に
させて頂こうと思っています。

<店は通常通り営業しています>




[PR]
by rondeism2 | 2016-04-18 22:22 | 出来事
Django Atour (shirt)

本日、新作の「フライフロント リネン シャツ」が入荷しました。


f0202785_210422.jpg
(ブルー×ホワイト ギンガムチェック)

f0202785_2101745.jpg
(ブラック×ホワイト ギンガムチェック)

FLYFRONT GINGHAMCHECK LINEN SHIRT
¥18,000(税別)

<詳細はこちらを>


古いフランスのシャツの“フライフロント”を参考に
ワイドスプレット風ターンダウンカラーの
シンプルで小洒落たシャツをイメージして作りました。
フレンチリネン独特の生地感は清涼感もあり
ギンガムチェックの柄にもすごくマッチしています。

襟と台襟が繋がった襟腰付きの
一枚襟の“ターンダウンカラー”は
後ろ襟を立たせ気味に着ると
きれいな襟のラインが表現出来ます。




f0202785_2105044.jpg
f0202785_21156.jpg
身長180cm 胸囲103cm ・・・ 「L」を着用


まさに、“フレンチ・モダーン”って感じのシャツで
これからの季節に重宝すること間違いなしです。

by atelier GARDENIA




[PR]
by rondeism2 | 2016-04-18 21:09 | Django Atour
Django Atour "ANOTHERLINE" dealer made (pants)

ANOTHERLINE:“アンティーク・クローズの解体と創造”


f0202785_2216175.jpg
f0202785_2216123.jpg
(杢ストライプ)

CLASSIC WIDE PANTS
¥23,000(税別)

<詳細はこちらを>


2010年リリースの「クラシック ワイド パンツ」を
今回、取扱店様の別注として製作しました。
やはりこのパンツはカッコイイですねぇ。
(ロンドにも極少量ですが入荷しています)

取扱店:BRYWB
(通販ご希望の方はこちらへお問合せ下さい)


by atelier GARDENIA




先程、大きな揺れがありました。
ここ筑後地区で震度4
震源地の熊本は震度7だったそうです。




[PR]
by rondeism2 | 2016-04-14 21:38 | ANOTHERLINE
店主の呟き(見合わす)

食事の作法は数多くありますが
実際に大切なのは
相手のペースに合わせて食べることだそうです。
ひけらかすかのように完璧なマナーで
食べて見せるより
周囲を「見合わせ」ながら
食事をすることが肝心なのだそうです。
相手を思いやる気持ちですね。




<見合わす>
自分勝手な行動や態度を控え
互いに思いやり、心を配り合うこと。
相手や周囲を「見合わす」心を持てば
自然に礼儀が成り立っていく。





茶道においても、大切なのは手順や作法より
人を「見合す」という心遣いとされているようです。
他人を尊重して思いやり
自然に相手に対応することが
一番の作法ということなんでしょう。
「見合わす」、、、
これもまた、もてなしの心を大切にしてきた
日本人の美徳ですね。


若い頃は早食いだったから
さっさと自分だけ食べ終わってたなぁ。
これじゃぁダメですよねぇ。
早すぎても遅すぎてもいけない。
程良くが大切ですね。




[PR]
by rondeism2 | 2016-04-12 21:27 | 店主の呟き
Django Atour "ANOTHERLINE" #102 (vest)

ANOTHERLINE:“アンティーク・クローズの解体と創造”


f0202785_2210265.jpg
f0202785_22103647.jpg
(エクリュ)

f0202785_22104992.jpg
(ブラック)

VICTORIANS LINEN WAISTCOAT
¥31,800(税別)

<詳細はこちらを>


ヴィクトリアン時代初頭のフォーマルなウエストコートを
良質のヘヴィーリネンを使って
ワークテイストのウエストコートに仕上げました。
ジャンゴ流のアレンジ(解体と創造)で
かなりイイ雰囲気に仕上がっています。
特に、ショールカラー風の変形ラペルと
背中の6枚接ぎのパターンが魅力です。



f0202785_22122775.jpg
f0202785_2211466.jpg
f0202785_22121316.jpg
身長180cm 胸囲103cm ・・・ 「40」を着用


とてもクラシックなデザインですが
ラフな着こなしでスニーカーとの相性もイイ感じです。
“WORQUES/ワークェス”なウエストコート。
カッコイイですよぉ。

by atelier GARDENIA




[PR]
by rondeism2 | 2016-04-11 22:14 | ANOTHERLINE
小屋建築(@久留米市郊外)

今回気になった「小屋」は、、、
シンメトリーなこちらです。

f0202785_2282985.jpg

縦横のバランス、屋根、窓の位置など
全体的なバランスがすごく整っています。
建物の中心を軸にきれいな左右対称です。
が、、、1Fの換気口の位置が
中心からややズレています。
意図的にではないと思いますが
整ったバランスだからこそ
その少しのズレがなんとも魅力的で
完璧ではない
“不完全の美”を感じますねぇ。




[PR]
by rondeism2 | 2016-04-09 22:25 | 趣味(建築・庭園・他)
読書:「建築とは何か」

建築家、建築史家である“藤森照信”氏の言葉です。

f0202785_21524459.jpg

「建築を知るための最高の入門書」とあるように
第1部は、ル・コルビュジエやガウディ、フンデルトワッサー等の
世界の有名な建築家達やイサム・ノグチ、そして日本の建築家達の
作品に対する推測(この解釈が面白いです)。
第2部は、日本を代表する建築家達による
建築を理解するための藤森氏への質問。という構成です。



<文中より>
日本の伝統建築の中に欧米建築に無い
モダンな性格が秘められているのに
最初に気付いたのは“フランク・ロイド・ライト”で
ライトは日本に学んで初期の作品を作り
その図面集をドイツで刊行し
そこに現れていた平面と立面の開放性・流動性に影響されて
後のバウハウスにも影響を与えた
オランダの「デ・ステイル」が生まれ
また、ドイツ表現派の“ミース・ファン・デル・ローエ”や
“ワルター・グロピウス”が
表現派からバウハウスへと脱皮してゆくことになるが
とにかく、世界のモダニズムの成立期と確立期において
日本の伝統は大きな肥として働いている。




<藤森照信の作品>

この本(藤森氏の思想)を読んで
建築の面白さや奥深さを
再確認することが出来ました。










[PR]
by rondeism2 | 2016-04-08 21:40 | 読書
La Garbo (dress)

本日、“ラ・ガルボ”(レディース)の新作ドレスが入荷しました。


f0202785_21331911.jpg
f0202785_2133287.jpg
f0202785_21333888.jpg
f0202785_2133478.jpg
(ブラック)

CLASSIC BLACKLINEN DRESS
¥38,000(税別)

<詳細はこちらを>


1930年代フランスのオーダーメイド・ドレスをベースに
ドレッシーにもカジュアルにも着れるドレスとして
アレンジし製作しました。
良質のリネンの素材感でエレガントに仕上がっています。
(裏地無しです)


f0202785_213424.jpg
f0202785_21341338.jpg
f0202785_21342328.jpg
首まわりのライン
(女性らしさを強調する美しいラインです)
f0202785_21343744.jpg
f0202785_21344885.jpg
f0202785_21345881.jpg


ウエスト部分の内側に付けたヒモを絞り調整すると
また違った表情になり素敵です。
f0202785_21351551.jpg
f0202785_21352752.jpg
f0202785_21353786.jpg
f0202785_21354814.jpg


f0202785_2136892.jpg
f0202785_21362019.jpg


これは、“ラ・ガルボ”が提案する「クラシック・モード」な
大人の女性の為のドレスです。
これからの季節に、是非このドレスを着てお出掛けを。

by atelier GARDENIA
(“ラ・ガルボ”の取扱店についてはお尋ね下さい)








※“ラ・ガルボ”のお取り扱い(卸)等の件につきましては
下記へお問い合わせ下さい。
PIRACONIA:☎092-523-6745(担当:中村)






[PR]
by rondeism2 | 2016-04-07 22:01 | La Garbo
店主の呟き(ご縁)


今日は、福岡からラビットに乗って
「Dry Bones」の若杉君(DJ:WAKA)達が
遊びに来てくれました。
ロンド初来店ですね。

“道の駅うきは”の前にある
「DECO WORKS」の原嶋が手掛けた
ハンバーガーショップ経由で
やって来たそうです。
福岡~うきは~久留米~福岡と
かなりの距離をラビットでだなんて
すごいなぁ(笑)

たまたま一緒になった“モツ”とも
一緒に音楽の話が出来て楽しかったです。
久留米でDJイベントやり始めたら
いつか声掛けるから
そん時はヨロシク頼むよぉ。



雲行きがあやしくなってきてたけど
雨に遭わずに帰れたかなぁ。




[PR]
by rondeism2 | 2016-04-06 23:33 | 店主の呟き