<   2016年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧
VINTAGE GALLERY Vol.221

"BRIAN CLOTHING"時代の入荷商品(1989年頃~1997年)より抜粋


1950's Polo shirt
f0202785_2219199.jpg
f0202785_22191497.jpg
f0202785_22194298.jpg
f0202785_22201371.jpg
f0202785_22203350.jpg
f0202785_2220522.jpg


f0202785_2221634.jpg


※以上は、今までに販売してきたものばかりですので在庫は有りません。





[PR]
by rondeism2 | 2016-11-30 22:02 | ヴィンテージギャラリー
建物探訪:六ツ門路地裏の木造市場

商店街の通路を覆うアーケードが木造のものを
“木造市場”と言うそうです。
福岡県には、北九州市の旦過市場や
福岡市の赤坂門市場、三角市場があるみたいですが、、、

f0202785_2225833.jpg
f0202785_2234898.jpg

この木造アーケード(木造市場)があるのは
久留米市六ツ門町の“あけぼの商店街”から入った路地裏で
「ひとくち餃子・てん屋」があるところです。
骨組みを観てるとなんかワクワクしてきます(笑)。
ここのアケードは両脇の建物の屋根に置いただけで
何も留められてないそうですよ。

ここは、昼間も雰囲気イイですが
明かりが灯った夜もなかなかイイんですよねぇ。
貴重な建築物なので
なんとか保存してほしいものです。





[PR]
by rondeism2 | 2016-11-28 22:12 | 趣味(建築・庭園・他)
夜遊び(cantine P~RUBBERTOWN ROCKERS@CHIC)

昨夜は“RUBBERTOWN ROCKERS”の4人が
DJをやるというので
池町川沿いにある「Night Club CHIC」に行ってきました。


やはりまずは、ガソリン補給と腹ごしらえということで
DJの3人を含む6人で会場近くの「cantine P」へ、、、

開店5分前のフライング入店です。
f0202785_21103781.jpg
(店内)

今年は殆ど夜出歩いていないので、ほんと久しぶりです。
f0202785_2111748.jpg
ポテトアンチョビ

f0202785_2111201.jpg
マルゲリータ

f0202785_21113280.jpg
小海老のマカロニグラタン

他にも色々と頂きましたが
相変わらず、“Pちゃん”の作る料理は旨かったですっ。
(団体さんもOKなので、忘年会にもお勧めですよぉ)

美味しい料理でお腹もいっぱいになり
しっかり出来上がったDJ達と「CHIC」へ、、、



f0202785_2137879.jpg
(会場はこちらの3F)
f0202785_2210137.jpg
pm8:00スタートです。

Genreless World Music Night
(ジャンルレス ワールド ミュージック)
[チャージ¥500・ドリンク要オーダー]

20席程のちょうどいい感じのお店です。

f0202785_21383093.jpg
(店内から見える池町川)



RUBBERTOWN ROCKERS
f0202785_2155963.jpg
クセの強い個性派レギュラーDJの4人


f0202785_22112356.jpg
SHU-CHANG(NA-NA-SHA-NOW)

f0202785_22114430.jpg
ASH(La REVU)

f0202785_22115983.jpg
YUNSHEE(La REVU)

f0202785_22121482.jpg
bazo-oka(BS Django Club)


4人それぞれのカッコイイ音楽がすごく良かった。
はずですが、、、
DJの“ヤンシー”と“ハルミ”ちゃんの
超ハイテンションのノリとダンスがあまりにも面白すぎて
他のことはあまり覚えてませ~ん(笑)
3次会か4次会ぐらいのグダグダな感じでしたが
それはそれで楽しかったですよぉ。

定期的にやるそうなので、次回がまた楽しみです。




あとぉ、、、岡とシンヤ、後日ロンドで反省会な~っ。




[PR]
by rondeism2 | 2016-11-27 22:34 | 出来事
店主の呟き(紅葉)

秋も深まり、紅葉の季節になってきました。
紅葉を観ると人の人生のように思えます。
それは、葉が芽吹き、新緑となり、葉が茂り、
紅葉となり、落葉していく、
その様がまるで人の一生のようだ。
というようなことではなく、、、


春から夏にかけて葉が茂り
やがて秋になり紅葉し、落葉していく
そしてまた春になり新しい葉が茂る。
枯れて葉を落とすというのは
死(終わり)を意味するのではなく
再生するということなんだと感じます。


人生もまた、、、


新緑となり茂った葉が
枯れて落ちていく前に美しくなる。
その姿を観ていると
枯れて(老いて)いくことへの価値の大切さを
教えてくれているような気がします。
落葉の前に美しい姿(紅葉)を見せることが
次への良い再生が出来る証なのではないでしょうか。
その為にはやはり
“一日一日を大切に生きていかないとけない”
ということでしょうね。

枯れることなく、いつまでもきれいなままの
造花のような人生ではなく
葉が茂り、紅葉となり、落葉し、また葉が茂る。
それを何度も何度も繰り返し、再生しながら
深みを増して枯れて(老いて)いく。
そういう人生を歩んでいけたらなぁと思います。






[PR]
by rondeism2 | 2016-11-25 22:34 | 店主の呟き
CD紹介(sugadairo)

先日の「スガダイロートリオ」のライヴの時に購入した
“スガダイロー”さんのソロピアノアルバムです。

f0202785_19161584.jpg
sugadairo solo piano at velvetsun
(1940年代頃のヴィンテージピアノで演奏)


最近はジャンゴの製作にとりかかる前に
このCDを聴いています。
イイ感じにアイデアが浮かんできます。

<こちらも参考に>

これはお勧めです。



先日のライヴを観ての個人的な感想ですが、、、
“スガダイロー”のピアノには
なんかヤバイ色気を感じます。
もちろん彼自身にも。









[PR]
by rondeism2 | 2016-11-22 21:28 | お勧め&紹介
Django Atour "ANOTHERLINE" #115 (pants)

ANOTHERLINE:“アンティーク・クローズの解体と創造”


f0202785_2057086.jpg
f0202785_20571647.jpg
(オリーヴグリーン)
※濃い目のオリーヴです。

f0202785_20572982.jpg
(モカブラウン)
※濃い目のブラウンです。

VICTORIANS WOOL-MELTON TROUSERS
¥25,800(税別)

<詳細はこちらを>


ヴィクトリアン時代のタキシードパンツをモデルに
2014年1月にリリースした
「クラシック インディゴモールスキン トラウザーズ」
の、リピート(生地替え)です。
今回は、冬用としてライトメルトンを使いました。

ヴィクトリアン時代の細身のシルエットで
ベルトレスになります。
サスペンダーで吊らなくても腰のベルト調整などで
腰回りのフィット感はイイですよ。



f0202785_20581666.jpg
f0202785_20583117.jpg
身長180cm ウエスト86cm ・・・ 「L」を着用


寒い冬は、やっぱりウールのパンツが重宝しますよね。
しかも、このシルエットがたまりません。

by atelier GARDENIA





[PR]
by rondeism2 | 2016-11-20 20:59 | ANOTHERLINE
庭園巡り(清水寺 本坊庭園)

建物と同じように庭園にも興味があります。
特に日本庭園が好きで
日本庭園は、様々な技法・解釈で
自然の風景を凝縮して表現します。
作庭師の意味も込められているので
それを、自分なりに読み解くという面白さもあります。
古い西洋のガーデンは
一つの方向(主人)から観た美しさが
基本とされていたそうですが
日本の庭園は、色んな方向から観る美しさが基本とされ
それは、仏教の中道の精神に繋がっているのだそうです。





先日、みやま市(筑後地区)の清水寺にある
「本坊庭園」へ行ってきました。

まずは、深山幽谷の雰囲気が漂う「清水寺」へ、、、
f0202785_178478.jpg
長い石段を上ってくると
立派な山門(1745年建立)があります。
f0202785_1782053.jpg
f0202785_1783854.jpg
見事な意匠で圧倒されます。
当時の建築技術の素晴らしさがよく分かりますね。

更に石段を上ります。
f0202785_17132462.jpg

上から見下ろす三門も風情がありますねぇ。
f0202785_179834.jpg

そしてこちらが本堂です。
f0202785_1792257.jpg
本吉山普門院 清水寺
(福岡県みやま市)
唐から帰った“最澄”が翌年の806年に創建した古刹で
堂々たる立派なお寺です。

f0202785_1793648.jpg
こちらは、1779年創建の三重の塔です。




そして目的地の「本坊庭園」へ、、、
f0202785_17443358.jpg
(前庭)
前庭も趣があってすごく良いです。


清水寺 本坊庭園
(福岡県みやま市)
画僧・雪舟によって室町時代に作庭されたと伝えられる
心字池を中心に配された庭園です。

庭園は、建屋に入り縁側から鑑賞します。
f0202785_17445963.jpg
f0202785_17453079.jpg
f0202785_18313276.jpg
建屋に入ると、解放された縁側から
庭全体が目に飛び込んできます。
愛宕山を借景し自然に溶け込むように作庭された
素晴らしい庭園でした。
(写真で観るよりもずっと素晴らしいですよ)

先客の方が「こちらからが一番眺めが良いですよ」と
席を譲って下さいました。
その優しい行為が嬉しいですねぇ。
そういうことも相俟ってか
縁側に座って静かに庭園を観ていると
すごく心が落ち着き、浄化され
この上ない時間を過ごすことが出来ました。

紅葉のピークまではまだ少し早かったのですが
もみじが紅く染まり始めてて
それはそれで美しかったです。
ピーク時はかなりきれいでしょうねぇ。
今度は、新緑の季節に来てみようと思います。


<こちらも参考に>




四季折々に変化する自然の美しい風景など観て
日本人は美を感じてきたのでしょうね。
庭を静かに観て何かを感じとる、、、
そこが日本庭園鑑賞の一番の面白さかなと思います。






[PR]
by rondeism2 | 2016-11-19 21:57 | 趣味(建築・庭園・他)
Django Atour "ANOTHERLINE" #114 (shirt)

ANOTHERLINE:“アンティーク・クローズの解体と創造”


f0202785_2233855.jpg
f0202785_223521.jpg
(ホワイト)

f0202785_2245692.jpg
(オリーヴ)

f0202785_2251075.jpg
(パープル)

CLASSIC LINEN TAILOR SHIRT
¥21,800(税別)

<詳細はこちらを>


1930年代頃のイギリスのドレスシャツを参考に
ジャンゴなりの再構築で仕上げました。
肩からアームにかけての独特のパターンと
サイズ感(特に着丈)は
当時の雰囲気を大切にしています。
細部にジャンゴらしさを表現しており
特に、一番時間をかけて完成した襟の形は
理想通りの出来映えに仕上がりました。

良質のリネン素材との相性もバッチリです。
基本のホワイト、シックなオリーヴ、遊び心のパープル、
という3色展開です。



f0202785_226113.jpg
f0202785_2262694.jpg
身長180cm 胸囲103cm ・・・ 「L」を着用


この時代のイギリスのシャツはベーシックであり
ジェントルマン的な品の良さがありますよねぇ。
ドレスにも、ワークにも、、、カッコイイです。

by atelier GARDENIA





[PR]
by rondeism2 | 2016-11-18 22:39 | ANOTHERLINE
Django Atour "ANOTHERLINE" #113 (coat-jacket)

ANOTHERLINE:“アンティーク・クローズの解体と創造”


f0202785_21442993.jpg
f0202785_21444687.jpg
(アンティークオリーヴ)

f0202785_21445998.jpg
(アンティークブラック)

VICTORIANS WOOL FROCKCOAT
¥55,000(税別)

<詳細はこちらを>


ヴィクトリアン時代のフロックコートを参考に再構築し
6年前にリリースした「ヴィクトリアンズ フロックコート」を
今回久しぶりにアップデートしました。
オイルカット・メルトンの素材感とクラシックなデザインが
とてもカッコイイですよぉ。
クラシックに着こなすのも、モダーンに着こなすのも、
ジャンゴ流に、クタクタにワーク風に着こなすのもお勧めです。
(コートというよりもロングJKT的なサイズ感です)


f0202785_2146342.jpg
f0202785_21461589.jpg
f0202785_21462864.jpg
f0202785_21464085.jpg
f0202785_21465241.jpg
バランス良い美しいシルエットです。



f0202785_2147234.jpg
f0202785_21473767.jpg
f0202785_21475178.jpg
f0202785_21482325.jpg
身長180cm 胸囲103cm ・・・ 「40」を着用


フロントスタイル、バックスタイル共にカッコエエ~ッ。
これを着てたら、、、
数寄者の目を惹くこと間違い無しです。たぶん。

by atelier GARDENIA






[PR]
by rondeism2 | 2016-11-18 21:58 | ANOTHERLINE
小屋建築(@久留米市郊外)

今回気になった「小屋」は、、、
経年変化の美しさを感じるこちらです。

f0202785_21454570.jpg
f0202785_21462116.jpg

1階のモルタル壁に流れる波板トタンの錆び。
本物の風格がありますねぇ。
エイジング加工では絶対に表現出来ない
経年変化の賜物です。





[PR]
by rondeism2 | 2016-11-16 21:56 | 趣味(建築・庭園・他)