<   2017年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧
VINTAGE GALLERY Vol.243

"BRIAN CLOTHING"時代の入荷商品
(1989年頃~1997年より抜粋)


1880's~1890's Waistcoat
f0202785_18254750.jpg
f0202785_18260756.jpg
f0202785_18261684.jpg



1920's~30's Waistcoat
f0202785_18263645.jpg
f0202785_18264578.jpg
f0202785_18265692.jpg

f0202785_18270700.jpg
f0202785_18271814.jpg

f0202785_18272956.jpg
f0202785_18273923.jpg
f0202785_18274708.jpg


※以上は、販売してきたものばかりですので
在庫は有りません。






[PR]
by rondeism2 | 2017-10-31 20:57 | ヴィンテージギャラリー
読書:Casa(おさらい 日本の名建築)

雑誌は、いつも立ち読み程度で
ほとんど買うことはないのですが
これは、以前「読書」で紹介した
“杉本博司”氏による
日本の名建築特集だったので
思わず即買いしました。

f0202785_21034874.jpg

杉本氏の視点が大好きで、、、

好きな(興味ある)建築物や
行ってみたい建築物が
数多く紹介されているし
杉本氏の文章も好きで
今回の特集の内容もどれも面白く興味深く
読み応えがありました。

今月 小田原市に出来た
「江之浦測候所」にも
ぜひ行ってみたいです!
<こちらも参考に>






[PR]
by rondeism2 | 2017-10-30 21:25 | 読書
建物探訪:旧豊後森機関庫

「旧久留島氏庭園」を後にして
次はこちらへ、、、
こちらも一度行って観たかったん
ですよねぇ。


f0202785_22002918.jpg
f0202785_22004383.jpg
f0202785_22005558.jpg
旧豊後森機関庫と転車台
(大分県玖珠郡)
1934年竣工の鉄筋コンクリート造
陸屋根で扇型の建物です。
1970年に蒸気機関車が姿を消し
翌年に配庫になったそうです。

写真で見るよりもスケールが大きく
その廃墟感というか存在感が
素晴らしかったです!
やはり実際に観れて良かったです。




こちらは久大線を走っていた
1919年製造の蒸気機関車
9600型29612号(キューロク)。

f0202785_22011226.jpg
f0202785_22012103.jpg

やっぱカッコイイですねぇ。
子供の頃に間違いなくこの機関車を見てるし
列車に乗ってます。
すごく懐かしかったですねぇ。


<こちらも参考に>



近くに駐車場が無かったので
豊後森駅の有料駐車場に入れて
歩いて行きました(約5分)。
ちなみに駐車場は
2時間内は無料でした。







[PR]
by rondeism2 | 2017-10-29 21:05 | 趣味(建築・庭園・他)
神社・庭園・建物巡り(@大分県玖珠郡)

大分県の童話の里“玖珠町”へ
行ってきました。
まずは、前から行ってみたかった
三島公園「旧久留島氏庭園」へ、、、


f0202785_21290921.jpg




f0202785_21305299.jpg
f0202785_21305998.jpg
f0202785_21312693.jpg
藩主御殿庭園
江戸時代後期に造園された
美しい大名庭園です。
力強い大きな石を配した
滝石組(枯滝)が見事です。

ここから見える(奇観)
大絶壁の“大岩扇山”も
素晴らしい景色(借景)でした。



そして神社へ、、、
神社へはいくつかルートがあるのですが
このルートで行きました。

かなり急な敷石の長い坂道です。
奥で左に曲がってまだまだ続きます。

f0202785_21313906.jpg
f0202785_21315578.jpg
これが、なんとも言えない
イイ~雰囲気でした。




f0202785_21321239.jpg
末廣神社(旧三島宮)

神社の周辺もすごく風情があって
良い雰囲気です。

f0202785_22193907.jpg
f0202785_21325441.jpg
f0202785_21323390.jpg



こちらは、上から見下ろした、、、

f0202785_21330651.jpg
清水御門
か~なりの急勾配の長い階段だったので
下りるのは断念しました。




そしてこちらへ、、、

f0202785_21380976.jpg
f0202785_21381896.jpg
f0202785_21383262.jpg
栖鳳楼と庭園
迎賓館として使われていた御茶屋で
2階は、城の天守に見立てた
内縁高欄の望楼になっており
独特な構造で
なかなか興味深い建物ですねぇ。
狭い土地に造られた庭園は
芝の築山に立石を配された枯山水で
こちらの庭園は
個性ある小さめの石で
構成されています。


ちなみに、森藩主の久留島氏は
あの村上水軍の末裔だそうです。


<こちらも参考に>




実際に行って観れて良かったです。
色々と感じることが出来ました!

この公園までの沿道は
古い街並みで、お寺や記念館もあり
園内と共に、ゆっくり散策出来ます。
耶馬渓も近いので
紅葉の季節にはお勧めですよぉ。



そして次の目的地へ、、、







[PR]
by rondeism2 | 2017-10-28 20:31 | 趣味(建築・庭園・他)
Django Atour (cape)

本日、新作の「リヴァーシブル ケープ」が
入荷しました。


f0202785_21040320.jpg
f0202785_21041028.jpg

REVERSIBLE CAPE
リヴァーシブル ケープ
¥19,800(税別)


これからの寒い季節に重宝する
ウールのケープを作りました。
良質のウール混ツィードの
異なった柄のリヴァーシブルなので
保温性だけではなく
ファッション性も高いですよ。

<詳細はこちらを>


f0202785_21052987.jpg
f0202785_21053704.jpg
f0202785_21054817.jpg

f0202785_21063872.jpg
f0202785_21064813.jpg
f0202785_21062500.jpg
f0202785_21070165.jpg
f0202785_21071313.jpg
f0202785_21072338.jpg

これ1枚で色んなバリエーションが
楽しめます。

ショール・タイプなので
首に巻いたり、膝掛けにしたり、と、、、
とっても便利です。

atelier GARDENIA




Django Atour Instagram





[PR]
by rondeism2 | 2017-10-27 21:17 | Django Atour
店主の呟き(四季)

日本には、春・夏・秋・冬と
一年を通して四季があります。
日本人はその四季を自然によって感じ
大切にしてきました。
これほど四季が美しい国はないそうです。
私もそう思います。



冬の無彩色の世界があって
色とりどりの花に囲まれる
春の美しい世界がある。
夏の緑の深い世界があって
秋の紅葉の美しい世界がやってくる。
そしてまた
冬の寂しさを感じさせる世界が
やってきます。

それぞれの季節があるからこそ
それぞれの季節を
美しく感じることが出来ます。
春のように、色とりどりの花が
一年中咲いてるのではなく
冬の寂しさがあるからこそ
春の花々をより美しく感じることが
出来るのだと思うのです。

日本人の美意識は、やはり、、、
その美しい自然(四季)が
育んでくれたのだなと実感しますねぇ。



もうすぐ紅葉の季節がやってきますが
他の季節にも想いを馳せながら
紅葉の美しさを堪能したいと思います。







[PR]
by rondeism2 | 2017-10-24 22:22 | 店主の呟き
お寺の掲示板(13)


なんだかんだと言えるということは
守られてるということ。
すなわち、幸せだということです。






[PR]
by rondeism2 | 2017-10-23 21:35 | お寺の掲示板
La REVU(スタジオ練習)

今日は月に一度のスタジオ練習日。
(6人揃っての練習)
1月からスタジオに入りだし
今日で10回目になります。

f0202785_18484784.jpg

練習後は、スタジオの玄関口(外)の
ベンチに座って喋ってるのですが
今日は風が強く寒かったので
1時間程で切り上げました(笑)。






台風の影響で久留米はどんよりした
曇り空でしたが

f0202785_18490206.jpg

家に着いて空を見上げると
晴れ間も見え
まるで、絵画のようでした。

台風はこれから東海から関東の方へ
上陸するそうなので
十分に気を付けて下さい!






[PR]
by rondeism2 | 2017-10-22 18:55 | La REVU
Django Atour "ANOTHERLINE" #131 (shirtcoat)

“アンティーク・クローズの解体と創造”
ANOTHERLINE


f0202785_21243338.jpg
f0202785_21244380.jpg
身長180cm 胸囲103cm 「L」を着用


ANTIQUED FRENCHVICTORIANS
SHIRTCOAT

アンティークド フレンチヴィクトリアンズ シャツコート
¥24,800(税別)

フランスのヴィクトリアン時代の
ワークウェアをアイデアソースに
ジャンゴなりのカッコ良さを追求し
再構築した新作のシャツコートです。
アウターシャツとして
しっかりした綿麻ツイルを
使用しました。
(4サイズ・2色展開)

<詳細はこちらを>


f0202785_21245404.jpg
f0202785_21250231.jpg

f0202785_21251400.jpg
f0202785_21252381.jpg
f0202785_21253482.jpg
f0202785_21254421.jpg

“フレンチヴィクトリアン”という
新たな提案で製作しました。
長くヘヴィーに着倒して
クタクタになってきたら、、、
妄想しただけでもすごく楽しみです!

by atelier GARDENIA




Django Atour Instagram






[PR]
by rondeism2 | 2017-10-21 21:35 | ANOTHERLINE
読書:「手技に学べ 心・技」

この本には、自然から授かる素材を
手に入れ加工する
30人の職人へのインタビューが
紹介されています。

f0202785_21360655.jpg
f0202785_21361428.jpg

この本を読んで思うのは
職人の仕事とは
「地道で楽ではない」ということで
だからこそ
技術であったり、想いであったり、
その“誇り”が、、、
作られたものから
伝わってくるんだ思います。



<文中より>
言葉は技を表現するのに
拙い道具でしかない。
だから彼らは技の伝承に言葉を使わず
見て覚え、やって身に付けるのを
常としてきた。
是非彼ら(職人)に会い
仕事を見、出来上がった品や道具を
手にしてもらいたい。
人は人に会ってこそ知ることができる。

技には心が映り
心は技を磨く中で形を変えていく
真摯に生きる人の言葉は心を打つ。
手仕事にこそ物づくりと
日本人の原型があることを
知ってもらいたい。
これらの作品は彼らとの共著である。

(著者:塩野米松)



安価の使い捨ての物ばかりではなく
職人さんの手で大切に作られた物を買って
日常の生活の中で大事に使っていくことが
日本の素晴らしい職人の技術を
残していくことになるんですよね。
これはとても大切なことだと思います。

職種は違いますが、、、
“もの作り”とはどういうことかを
改めて考えさせられました。






[PR]
by rondeism2 | 2017-10-20 21:37 | 読書