VINTAGE GALLERY Vol.230

"BRIAN CLOTHING"時代の入荷商品(1989年頃~1997年)より抜粋


1920's~30's Leather Coat & Jacket
f0202785_17132237.jpg

f0202785_17133533.jpg
f0202785_17271950.jpg


f0202785_17135271.jpg
f0202785_17140907.jpg

f0202785_17144984.jpg
f0202785_17150296.jpg

f0202785_17151509.jpg
f0202785_17152874.jpg

f0202785_17161202.jpg

f0202785_17274794.jpg
f0202785_17275787.jpg

f0202785_17280719.jpg
f0202785_17281511.jpg

f0202785_17282906.jpg
f0202785_17285817.jpg

f0202785_17291909.jpg
f0202785_17292921.jpg

f0202785_17293855.jpg


※以上は、今までに販売してきたものばかりですので在庫は有りません。








[PR]
# by rondeism2 | 2017-04-16 21:11 | ヴィンテージギャラリー
Django Atour (cut&sewn)

本日、「フレンチ ヘンリー カーデ」が
入荷しました。


f0202785_22052894.jpg
f0202785_22053995.jpg
f0202785_22055780.jpg
身長180cm 胸囲103cm  「L」を着用


FRENCH HENLEYNECK CARDIGAN
フレンチ ヘンリーネック カーディガン
¥12,800(税別)

3作目になる今回使用した生地は
凹凸で柄を表現したシャドーボーダーです。
サラッとした肌触りが特徴で
適度なハリ感もあり
前回の緩く柔らかい生地感とはまた違った
しっかりしたカーディガンに
仕上がっています。
(3サイズ・2色展開)

<詳細はこちらを>


f0202785_22050330.jpg
f0202785_22051546.jpg

独特な織り柄のボーダーが魅力的で
インナーとしてもアウターとしても
フレンチなお洒落を楽しめること
間違いなしのカーディガンです。

by atelier GARDENIA




Django Atour Instagram






[PR]
# by rondeism2 | 2017-04-14 22:17 | Django Atour
DA "authentic made" (pants)

本日、新作の「DA インタックショーツ」が
入荷しました。


f0202785_21572830.jpg
f0202785_21573811.jpg
身長180cm ウエスト86cm 「L」を着用


DA INTUCKSHORTS
ディーエー インタックショーツ
- authentic made -
¥20,800(税別)

腰回りから太腿辺りがややゆったりめで
膝辺りから裾にかけてが細めの
独特なシルエットが魅力のショーツです。
生地は、スーピマ綿を使用した
バーバリー素材(シルキー加工)で
美しい光沢感とハリコシのある
上品な生地を使用しています。
(4サイズ・2色展開)

<詳細はこちらを>


f0202785_21574966.jpg

先日入荷のスリッポンシューズと
コーディネイトすると
ハレの日にもお勧めですよぉ。
もちろんスニーカーや
サンダルでも合うし、、、
ぜひ、色んな着こなしを楽しんで下さい。

by atelier GARDENIA




先日、上の写真で着ている
「ヴィクトリアンズワーク ショールカラー シャツ」を
女性の方にお買い上げ頂いたのですが
小柄な方ですが、SとLを着比べて
Lの方をチョイスされました。
Sの方もそれはそれで良かったのですが
Lの方は、意外と全体のバランスが
すごく良くって
新たな発見になりました。
これをヒントに、今後の
シャツのプロポーションを考える時の
参考にしたいと思います。

女性の方にもモノによっては
Lサイズお勧めですよぉ。





Django Atour Instagram






[PR]
# by rondeism2 | 2017-04-13 22:22 | Django Atour
読書:「眼を養い 手を練れ」

「住宅をきちんと設計できる人は
あらゆる建築も設計できる」

この本は、日本の住宅建築等に情熱を注いだ
建築家 故“宮脇 檀(まゆみ)”氏の
「宮脇檀住宅設計塾」の8人の講師達による
宮脇氏の住宅への想いや考え方を散りばめた
テキストです。

f0202785_22154240.jpg

「眼を養い 手を練れ」
この言葉は、モノを創っていく人間にとって
大切な教えとして
優れたものを沢山見て「眼を養う」
スケッチをして「手を練る」ことが
この塾の学習方針になっています。



<文中より>
様々なデータや蓄積を鵜呑みにするのでなく
必ず自分の実感として身体に
理解出来るようにするため
自分から行動をする習慣を持つ。
良いモノを見てその中で体感するのです。
(美術、芸術、歴史的建造物等)

普段の生活を楽しむために
いろいろ工夫することが大切。
その工夫があってこそ
喜びが生まれ、生活にうるおいが出来る。




建築を服作りに置き換えて読んでみたら
ものすごく当てはまる部分が多く
もののとらえ方・考え方・見方・工夫の仕方
そして、それをどう読み取るのか等
とても為になり面白い内容でした。

住宅設計をするにあたっての
心構えや大切なことがイラスト付きで
分かりやすく説明されているので
住宅建築を学ぶ人や興味のある人はもちろん
これから家を建てようと考えてる人にも
お勧めの本ですよ。






[PR]
# by rondeism2 | 2017-04-10 22:30 | 読書
お寺の掲示板(5)



見えなくなれば無くなると思う過ち。
見えないものの怖さを知らぬ愚かさ。








[PR]
# by rondeism2 | 2017-04-09 21:16 | お寺の掲示板