ジャンゴ de コーディネイト
f0202785_2242426.jpg

身長171cm  体重66kg  年齢38歳  ……  の装い
ジャンゴ : カントリーウーレンJKT(M)
ジャンゴ : シモフリシャツ(M)
ジャンゴ : ソルト&ペッパー ファクトリーパンツ(L)
ジャンゴ : ニュースボーイキャップ
リアル・マッコイズ : ラインマンブーツ

※以上は全て、お客様の私物になります。




[PR]
# by rondeism2 | 2009-04-03 22:22 | カスタマー
WARP&WOOF 入荷(チャーム)!
f0202785_21372632.jpg


幸運の女神

左より、
SILVER925:¥3,150(本体¥3,000)
BRASS:¥2,100(¥2,000)
BRASS/45cmボールチェーン付:¥2,625(¥2,500)

身長:3.5cm Fカップ?


このカワイコちゃんが、きっと幸運をもたらしてくれるでしょう!
ネックレスに、キーホルダーに……いかがですか~?
後ろ姿もセクスィ~ですよ~。



WARP&WOOF

[PR]
# by rondeism2 | 2009-04-03 21:56 | other brands
ロンドお勧めの飲食店

B級グルメの宝庫“久留米”、その中でもロンドお勧めのお店はこちらです!


酒の友田
(居酒屋)
久留米市上津町2203-11-4
(国道3号線、野添信号交差点角。専用駐車場有り)
0942-21-3137
17:00~23:00(22:30ラストオーダー) 火曜日定休

十門
(炭火焼肉)
久留米市蛍川町2-9
(久留米警察署の前の通り沿い)
0942-39-9200
17:00~24:00(23:30ラストオーダー) 火曜日定休

cantine P
(居酒屋)
久留米市東町31-2 1F
(一番街の中)
0942-39-5739
18:00頃~3:00頃(状況に応じて) 水曜日定休

ひとくち餃子・てん屋
(餃子)
久留米市六ツ門町22-36
(あけぼ商店街の路地裏通り)
0942-32-8099
17:00~24:00(23:30ラストオーダー) 木曜日定休

ブラッカブロッコ
(洋風居酒屋)
久留米市六ツ門町22-21 B1F
(あけぼの商店街の路地裏通り)
0942-38-5111
18:00~24:00(23:00ラストオーダー) 火曜日定休

厨房・龍の栖
(居酒屋)
2014年10月29日閉店
(只今修行中)



<久留米市外>

ウメノ商店
(酒場&タコ焼き)
八女市本町173
0943-43-5055
12:00~15:00 19:00~23:00 水曜日定休


剛呑/GO-DON
(居酒屋)
福岡市中央区平尾2丁目14-17
092-524-9255
18:00~25:00 火曜日定休

こうね薬院本店
(広島お好み焼き&鉄板焼き)
福岡市中央区薬院2丁目18-10 KSマンション1F
092-732-3855
17:00~25:00 火曜日定休

手打 恵味うどん
(うどん&そば&丼物/酒)
福岡市中央区薬院3丁目7-15
092-521-1003
11:00~21:00 木曜日定休

回 KAI
(喫茶&バー/食事)
福岡市中央区薬院3丁目13-20
092-525-4027
ランチ(月火水金) 12:00~15:00  
月火水金 18:00~1:00(12:00ラストオーダー) 
土 12:00~ 1:00(12:00ラストオーダー)
日 12:00~19:00(18:30ラストオーダー)

KING KONG DINER
(ハンバーガー&ダイナー)
福岡市中央区薬院2丁目3-5 エコール薬院2F
092-716-0660
19:00~3:00 水曜日定休

TOMMY'S KITCHEN
(ハンバーグ&カフェ)
福岡市早良区内野6-11-37
(早良中学校前)
092-776-6249
11:00~20:00 火曜日/第3水曜日定休(祝日除く)


なるきよ
(立ち飲み)
東京都渋谷区渋谷2-7-14 中村ビルB1F
03-5485-2223



お近くへお越しの際は、ぜ~ひお立ち寄り下さい! 間違いありません!!!









[PR]
# by rondeism2 | 2009-04-02 00:04 | お勧めのお店
ロンド・ピラコニアまでのヒストリー


HISTORY
(こちらをご覧下さい)




[PR]
# by rondeism2 | 2009-04-02 00:03 | ヒストリー
“洒落者には、エロスのような悦楽の遊び心が存在する”
ロンドの美意識、、、それは、この世の二面性。

f0202785_22444318.jpg
(1507年)

この世には「表と裏」「光と影」「善と悪」「美と醜」「喜びと悲しみ」
「栄光と挫折」「自由と不自由」「長所と短所」、そして「生と死」があるように
もしこの世の全てが「美しい」ものだけだったら
「美しさ」が「醜さ」以上に醜くなるでしょう。
それは「醜い」ものに存在価値があるからです。
「光と影」、「影」が深いほどその「光」は際立ちます。
「光」だけの明るい世界だったら見るもの全てが薄っぺらになるでしょう。
本当の「自由」は「不自由」の中からしか生まれません。
そして「生きる」ということは「死に向かっている」ということ。
「美しい」だけの世界より「醜さ」を背負った「美」を愛す。
それがロンドの美意識です。

古きものは、長い年月をかけ錆びたり破れたりと自然の力で風化しています。
その存在感は今のものでは到底太刀打ち出来ません。
ある華道家は花が枯れ落ちる瞬間が一番美しい(色っぽい)といいました。
同じように、ものが枯れ落ちていく姿に究極のエロスが存在しているような気がします。
だからアンティークなどの古いものに魅せられてしまうのかもしれません。




[PR]
# by rondeism2 | 2009-04-02 00:02 | ロンドについて