カテゴリ:趣味(建築・庭園・他)( 46 )
一度は訪れたい(三徳山三佛寺)








鳥取県東伯郡の三徳山に境内を持つ
天台宗の山岳寺院「三佛寺」です。
数々の建物にも興味ありますが
その中でも
絶壁の窪みに建てられた
京都の「清水寺」と並ぶ
“懸(かけ)造り”建築の双璧
奥の院「投入(なげいれ)堂」を、、、
(平安時代後期頃に建立:国宝)

「一度は訪れて実際に観てみたいです。」

三徳山三佛寺






[PR]
by rondeism2 | 2018-07-12 21:06 | 趣味(建築・庭園・他)
一度は訪れたい(足立美術館)






島根県安来市にある
「足立美術館」です。
展示品はもちろんですが
なによりも
ここの日本庭園は、、、

「一度は訪れて実際に観てみたいです。」

足立美術館








[PR]
by rondeism2 | 2018-04-09 22:41 | 趣味(建築・庭園・他)
一度は訪れたい(俵屋旅館)






京都府京都市にある
300年の歴史を持つ老舗の
「俵屋旅館」です。
建物、庭、料理はもちろんのこと
その室礼の素晴らしさ、、、

「一度は訪れて実際に泊まってみたいです。」

俵屋旅館






[PR]
by rondeism2 | 2018-03-07 22:06 | 趣味(建築・庭園・他)
一度は訪れたい(神勝禅寺)






広島県福山市にある
臨済宗建仁寺派の「神勝禅寺」
禅と庭のミュージアムです。
“藤森照信”氏設計の寺務所や
3つの茶室、いくつかのお堂、庭園、等々
見どころが満載なんですよねぇ。
その場の空気感など、、、

「一度は訪れて実際に観てみたいです。」

神勝禅寺






[PR]
by rondeism2 | 2018-01-29 21:30 | 趣味(建築・庭園・他)
一度は訪れたい(富貴寺)






大分県豊後高田市にある
富貴寺大堂(平安末期創建)は
平等院鳳凰堂、中尊寺金色堂と並ぶ
日本三大阿弥陀堂。
シンプルな構成だからこそ創り出される
この美しいプロポーション(比率)に
ものすごく魅かれます。

「一度は訪れて実際に観てみたいです。」

富貴寺大堂







[PR]
by rondeism2 | 2018-01-13 21:42 | 趣味(建築・庭園・他)
一度は訪れたい(桂離宮)






ブルーノ・タウト(ドイツ)をはじめ
世界の多くの建築家を魅了した
京都の「桂離宮」。
建物と日本庭園を含めた
当時の総合プロデュース、、、

「一度は訪れて実際に観てみたいです。」

桂離宮







[PR]
by rondeism2 | 2017-12-20 22:25 | 趣味(建築・庭園・他)
庭園巡り:「藤江氏魚楽園」

私の「行ってみたい庭園」リスト
の中の一つであり
好きな画僧(水墨画)“雪舟”の
築庭ということで
以前から行ってみたかったのですが
今回この紅葉の時期に
やっと行くことが出来ました。

生憎の雨でしたが、、、

f0202785_16250364.jpg
藤江氏魚楽園
(田川郡川崎町)

室町時代の画僧“雪舟”が築庭したといわれる
国指定名勝庭園で
不老不死や永遠の繁栄を意味する
「神仙蓬莱思想」が表現されています。


入場門から本庭に行くまでの
景色からして
もう、写真で見るよりも
ずっとずっと素晴らしかったです。
(敷地1万坪)


f0202785_16253278.jpg
f0202785_16261063.jpg
f0202785_16263159.jpg
f0202785_16273743.jpg
f0202785_16280429.jpg
f0202785_16282304.jpg
(奥に見えるのが藤江家屋敷と本庭)


f0202785_16330722.jpg

f0202785_16350295.jpg
f0202785_16343463.jpg



本庭は座観式の庭園で
室内から観賞します。

目に入ってきた庭園の美しさに
思わず「うわ~っ!」と
言ってしまいました。
実際に観るまでは
これほどまでとは思ってなかったので。


f0202785_16365418.jpg
f0202785_16371618.jpg
f0202785_16374063.jpg

背後の自然と庭園が溶け込んで
その風情が奥深く
見事としか言いようがありません。
やはり、“雪舟”の庭はイイですねぇ~!

修業の場として作られているだけあり
この庭をじっと観ていると、、、
“雪舟”がどういう意味を持たせ
何に見立てて作庭したのかに
想いを馳せながら
自分と向き合っているうちに
心がスゥーと落ち着き
「なにか」を感じることが出来ました。
ついつい、時間が経つのを
忘れてしまいます。


スマホのカメラでは
その美しさがなかなか伝わりませんねぇ。
(全体も入りきれないし)
やはり、その場で感じるのが一番です。



f0202785_16380923.jpg



庭も素晴らしいですが
この屋敷も見どころがいっぱいでした。

f0202785_16391857.jpg
書院造の床の間
(室礼、掛け軸も素晴らしい)


f0202785_16395498.jpg
吹き抜けの小屋組み
(他にも見どころが満載)


生憎の雨だと思っていましたが
しとしと降る雨で
雨に濡れた庭園や紅葉が
ものすごく風情があって良かったです。

この「魚楽園」には茶寮(亀草庵)が
併設されており
園内を眺めながら
美味しいデザートや飲み物も
頂けますよ。
11月末までライトアップされており
こちらも、とても美しいそうです。
(御来園前にご確認下さい)
ぜひ、お勧めです!

<こちらも参考に>




実は、この庭園はロンドの常連さんと
深い関係のある庭園で
最初そのことを知った時には
もうビッッックリしました。
子供の頃、縁側からこの庭を
よく観ていただなんて
「N君、やっぱ只者じゃなかったな!(笑)」


本当に素晴らしい庭園でした。
もっと早く行っとくべきやったぁ。
次は、桜の時期か、新緑の時期に
また行きます。







[PR]
by rondeism2 | 2017-11-23 21:44 | 趣味(建築・庭園・他)
社寺・庭園巡り:「雷山千如寺大悲王院」

一度行ってみたかった、そして以前
常連の“S君”からも
「ここはイイですよぉ」って聞いていた
こちらへ行ってきました。

f0202785_19414067.jpg
雷山千如寺大悲王院
(福岡県糸島市)

178年に天竺霊鷲山の僧“清賀上人”によって
開創されたと伝えられ
1752年には福岡藩主の黒田継高公が
現在の寺である
「大悲王院」を建立しました。

写真は撮れせんでしたが、、、
御本尊の「木造十一面千手千眼観音像」の
その大きさには圧倒されました。
五百羅漢も見応えがあり
そして、国東半島の「富貴寺大堂」
(このお寺も絶対に行きたいお寺です)
の様式を参考に再建された
「開山堂」も素晴らしかったです。



f0202785_19414050.jpg
f0202785_19414142.jpg



紅葉がとてもきれいで沢山の人でした。
(こんなに多いとは思いませんでした)
お目当てはやはり、樹齢400年と言われる
大楓の紅葉でしょう。

f0202785_19414321.jpg
f0202785_19414284.jpg

圧巻の大きさ(存在感)と美しさです。
少し散り始めていましたが
その散る様と、地面に散った楓の葉も
風情があってイイですねぇ。



そしてこちらは、奥庭です。

f0202785_19414110.jpg
f0202785_19414226.jpg

美しい心字庭園で、自然の借景も含めて
座ってずっと眺めていても飽きません。
心が落ち着き、洗われます。


<こちらも参考に>




f0202785_19414107.jpg

これほど広いお寺とは思いませんでした。
山(雷山)の中腹にあり
そのまわりの紅葉・黄葉も美しく
自然の中に溶け込んだ
仏閣も庭も、五感で感じるその空気感全てが
とても素晴らしいお寺でした。

今度は人の少ない新緑(青紅葉)の季節に
行ってみたいです。







[PR]
by rondeism2 | 2017-11-18 21:29 | 趣味(建築・庭園・他)
社寺・庭園巡り:「光明禅寺」


昨日、「九州国立博物館」へ行った後
前回閉まってて観ることが出来なかった
こちらへ行ってきました。

f0202785_16461645.jpg
光明禅寺
(福岡県太宰府市)

1273年、鉄牛円心が開山した
臨済宗の寺院で
本堂の表裏には、
1957年に“重森三玲”により作庭された
枯山水の石庭があります。



前庭「仏光石庭」は、七五三式の15石を並べ
光明寺の「光」という文字が
抽象的に表現されています。
(撮影禁止になっていました)


本庭「一滴海之庭」は、、、

f0202785_16462928.jpg
f0202785_16463650.jpg

本堂や茶室から観賞する
座観式の庭園で
渡宋天神伝説に基づき
苔で大陸を、白砂で大海を、
そして多数の石組による
岩島が表現されています。


紅葉はまだ3割程度でしたが
心を“無”にし
じっくりと庭を眺め
その気を感じながら
時の流れが止まったような
静粛で、とても素敵な時間を
過ごすことが出来ました。

<こちらも参考に>





f0202785_16464548.jpg

「光明寺」は禅寺と言うだけあり
簡素で凛とした佇まい(空気感)で、、、
私好みのお寺でした。





[PR]
by rondeism2 | 2017-11-10 20:50 | 趣味(建築・庭園・他)
建物探訪:旧豊後森機関庫

「旧久留島氏庭園」を後にして
次はこちらへ、、、
こちらも一度行って観たかったん
ですよねぇ。


f0202785_22002918.jpg
f0202785_22004383.jpg
f0202785_22005558.jpg
旧豊後森機関庫と転車台
(大分県玖珠郡)
1934年竣工の鉄筋コンクリート造
陸屋根で扇型の建物です。
1970年に蒸気機関車が姿を消し
翌年に配庫になったそうです。

写真で見るよりもスケールが大きく
その廃墟感というか存在感が
素晴らしかったです!
やはり実際に観れて良かったです。




こちらは久大線を走っていた
1919年製造の蒸気機関車
9600型29612号(キューロク)。

f0202785_22011226.jpg
f0202785_22012103.jpg

やっぱカッコイイですねぇ。
子供の頃に間違いなくこの機関車を見てるし
列車に乗ってます。
すごく懐かしかったですねぇ。


<こちらも参考に>



近くに駐車場が無かったので
豊後森駅の有料駐車場に入れて
歩いて行きました(約5分)。
ちなみに駐車場は
2時間内は無料でした。







[PR]
by rondeism2 | 2017-10-29 21:05 | 趣味(建築・庭園・他)